ユーザーという第三者機関がオンラインカジノをチェックする現状

オンラインカジノは、様々な理由でイカサマを行えません。また行う理由もありません。第三者機関の監査や、ハウスエッジによる安定的な収入などがあるためです。これは様々なオンラインカジノの解説サイトなどで言われていることですが、インターネットが発達した現代においては、さらにユーザーという第三者機関まで存在します。
これは、いわゆる「口コミ」というものです。これだけ様々な目にさらされながらイカサマや不正をカジノが行うというのは現実的に不可能かつ無意味なのではないでしょうか。

ライセンスの発行と第三者機関からの監査

オンラインカジノは、カジノを認可している国からのライセンスを発行してもらうことによって運営することが可能になります。そして、ライセンス発行国が指定した第三者機関にプレイするゲームを全てチェックされ、公平性が約束された段階で運用されます。つまり、ゲームのプログラムが一定の公平性とペイアウト率が保たれているということです。これはオンラインカジノがチェックを通過して運営を開始した後も、定期的にチェックされ、ペイアウト率が下がっていないか、ゲームに不正はないかということを随時チェックされます。

安定した収入ハウスエッジ

オンラインカジノは、数%のハウスエッジを常に収入として得ています。これは、カジノのゲームプログラムを運用していれば自動的に入ってくる金額なので、不労所得に近いものです。もしイカサマをしてそれがユーザーや第三者機関にバレてしまえば、そのオンラインカジノは経営していくことができなくなるでしょう。それだけのリスクを背負って毎月のハウスエッジという。大きな利益を手放すのは、オンラインカジノにとって得策ではありません。

ユーザーという第三者機関

ユーザーたちはインターネット上で情報交換を行います。有名なインターネット掲示板もあれば、SNSや、コミニティーなど、人は様々な場所でつながり、情報交換をしています。そんな中で、特定のオンラインカジノにイカサマがあり、勝率が偏り出したらどうなるでしょうか。第三者機関の審査結果発表を待たずして、ユーザーたちの間で「あのカジノは勝てない」という口コミが出回り、誰もそのカジノをプレイしなくなってしまうでしょう。

まとめ

このように、ライセンス発行という経緯や、第三者機関による監視、安定したハウスエッジ等から考えて、オンラインカジノは不正がないといえます。さらに、現代はインターネット等を利用した情報交換が盛んなので、イカサマがあればその話はすぐにユーザーたちの口コミで広がってしまうでしょう。