ギャンブル全般で必要となる心構え

ギャンブル全般で必要となる心構え

オンラインカジノをプレーする準備と心構え

オンラインカジノをプレーする準備と心構え

海外のランドカジノに行くには旅行の手配をし渡航して現地のカジノに行きさえすればプレーが可能ですが、オンラインカジノをプレーするには簡単な手続きが必要になります。
必要な手順を順番とその際に必要となる書類の説明をします。

登録後に必要な書類など

1、運転免許証、パスポート
2、住民票
3、中間決済会社の登録
4、公共料金の請求書で住所記載部分の書類を折り曲げず一面を収めた画像
5、クレジット・デビットカード

上記に記載した書類を用意すれば殆ど全てのオンラインカジノで要求される書類がそろっていますので、準備しておくと後々楽になります。

クレジットカードの両面写真

最初の登録で準備する必要書類等が数点あります。
一番重要な入出金手段ですが、現在では何種類かの方法で可能です。

その中にクレジットカードやデビットカードが有りますが、この入金手段を使う場合には、クレジット・デビッドカードの両面をスマホ等で撮影し画像をカジノで指定されているメールアドレス宛に送信する必要が有る場合があります。
この事を知っていると、登録時に焦らずに済みます。その際カジノ側で指定された場所のカード番号を紙等で、物理的に隠し撮影をする必要が有りますので、必ず指定場所を確認して撮影してください。

中間決済会社の口座開設

中間決済会社の口座開設

入金はクレジット・デビットカードで簡単に出来ますが、勝利した際の出金は、クレジット・デビットカードにカジノから送金が出来ません。
中間決済会社を利用して現金化をします。
ジパングカジノ系列では、独自の出金方法としてペイトラという出金システムを使っています。
ジパングカジノ系列に登録する場合は絶対に登録しておくべき中間決済会社です。

公共料金の明細の住所記載欄の画像や住民票

この書類はカジノからプレーヤーの現住所確認の為に求められます。
その際に重要なのが、発行日が記載されている公共料金の請求書で住所が記載されている事、更に発行日から3か月以内の書類である事などの注意が有ります。
(各カジノで条件が異なる場合が有ります。登録カジノで詳細を確認して下さい。)

運転免許証・パスポート

日本でも会員登録等で提示を求められると思いますが、同様にオンラインカジノで、身分証として提示が必要になります。
パスポートの提出の場合と運転免許証の場合で事情が少し違います。

パスポートの場合ば住所記載欄を所持人の我々で自由に書くことが出来る様になっていますし、国内で引っ越しをしても住所の変更届は必要ないので所持人住所欄に現住所が記載されている状態で撮影した画像と顔写真のページ画像を送る事で事足ります。

しかし、運転免許の場合は少々面倒な場合があります。
それは免許の発行後、引っ越しをしている場合です。

・表面の住所が現住所でなく、裏に変更をした住所が記載されている場合
 身分証明として使えますが必ず補助書類の添付を求められます。
 補助書類として使えるのは発行日から3か月以内の住民票などです。

・免許証の住所変更をしてない場合
 この場合、住所変更をした後、上記の補助書類と合わせて提出する必要が有ります。

この様な事情から、免許を身分証明書として提出する場合、引っ越しをしていてその後の更新がされておらず、有効期限の有るパスポートを所持しているなら、パスポートを身分証明書としてオンラインカジノに提出する事をお勧めします。

入出金記録・年齢制限と心構え

入出金記録・年齢制限と心構え

海外のランドカジノでも入場制限が有ります。
アメリカですと21歳以上、韓国などでは18歳以上の人間でないと入場が出来ません。
オンラインカジノでも同じように利用するための年齢制限が有ります。
殆ど18歳以上の方でないと登録が出来ません。

勿論現金を賭けないデモモードでのプレーには年齢制限は有りませんので18歳以前の方でも登録可能です。
練習をしておきたい方はデモモードでの登録をして下さい。

現金での本番でプレーされる場合、勝ちを収められる時も有りますが不幸にして負けてしまう事もあります。
負けた時に熱くなり追い銭をしてしまい、余裕資金を使い果たしてしまって、更につぎ込んでしまう方も居られます。
しかし、負けている状況で、取り返す事は出来るかも知れませんが、大体返り討ちに合いその後の生活が厳しくなってしまうので、むやみに入金してしまうようなことにだけはならない様にして下さい。

資金管理はカジノプレーだけでなく博打全般で重要な項目です。
これからオンラインカジノをプレーする方には、この機会に資金管理の徹底をご提案させて頂きます。

管理と言ってもオンラインカジノに送金をした金額、出金をした金額をエクセルなど記録媒体に毎回記入するだけで構いません。
それを見る事により、負けが続いている時に自粛すると考えられる、勝ちが増えているなら少し多めに勝負してやろうと強気に出るタイミングが計れたりします。

賭博の場合でも個々で勝てるタイミングは違います。
勝てるタイミングを見える化する為に利用価値が有ります。
他の博打でも収支管理をする事はメンタルコントロールに有効と言われていますので、管理をされていない方は是非つける事をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。