ジパングカジノにて逮捕者が出て違法とみなされた事例

ジパングカジノにて逮捕者が出て違法とみなされた事例

現在人気カジノの一つとして日本人ユーザーも多いジパングカジノのがジパングカジノです。
しかし、過去には違法行為とみなされて系列の決済サービスの運営者2名が逮捕されました。
今回は、なぜジパングカジノの決済サービスが違法と見なされて逮捕された事例について解説していきます。

ジパングカジノには違法となった事例があった

ジパングカジノには違法となった事例があった
ジパングカジノには2016年2月にユーザーや関係者が逮捕された事例があります。

2016年2月の事例は、ジパングカジノの系列の決済サービスであるNetBanq(NetBanq、Z-Banq、VIP-Banq)の関係者が逮捕されたケースです。
この事例では、オンラインカジノの入出金といった決済サービスを日本で行っていたことで千葉県警に国内で違法と判断された日本人が逮捕されています。

このように実際にジパングカジノに関係したために違法とみなされて逮捕されている事例が過去には存在したのです。

なぜ違法とみなされてユーザーが逮捕されたのか

なぜ違法とみなされてユーザーが逮捕されたのか
いきなりジパングカジノの違法とみなされた不祥事を紹介し驚かれた方もいるのではないでしょうか。
しかし、この事例には警察側もきちんとした理由があったため、違法とみなして逮捕に踏み切ったのです。

2016年2月の事例は、国内でオンラインカジノの金銭のやり取りをしたという事実に基づいて違法とみなされました。
犯罪収益移転防止法違反として違法として逮捕された事例です。
この事例の問題点となったのは、オンラインカジノの利益や入金を国内で行ってしまっていた点です。

オンラインカジノは、あくまで海外でプレイし決済も海外で行われるのが基本といえます。
しかし、違法とみなされたこの事例では、海外でプレイしたオンラインカジノを国内で決済していた点です。
見方を変えれば、オンラインカジノという手段を使って国内で賭博をしていたのと同じ解釈であり、毎年多くの店が摘発されているオンラインカジノを利用した違法店舗と似た行為を行っていました。

違法店舗は、店内でユーザーにオンラインカジノをプレイさせ、店内で入金や出金をさせている点が逮捕の決め手になっています。
その違法店舗と似た行為としてジパングカジノの関連の決済サービスに従事していた社員が逮捕されたのです。

このようにジパングカジノは日本人ユーザーを意識しすぎるがあまり、実態が日本のサービスになっていたという事実から、過去に違法とみなされてユーザーや運営共に逮捕者を出してしまいました。

過去に違法とみなされた現在の対応は?

現在のジパングカジノは、過去の反省を生かして2つの点に注意を払っている印象を受けます。
それは、日本人ユーザー以外にも積極的にサービスを提供している点や決済サービスを外部や違法でない運営に任せているという点です。

決済手段もエコペイズと呼ばれるイギリスの上場企業のグループ企業が運営する決済サービスを採用しています。
ペイトラというジパングカジノ系の決済サービスもありますが、海外のサービスとして運営されており、過去の反省を生かして海外のサービスとして再出発している見方もできます。

違法と認めて適切なサポートを行いユーザーを保護

最後に紹介したいのは、ジパングカジノの決済サービスは確かに違法行為をしてしまいましたが、ユーザーの資産を保護する動きが合った点は注目すべきポイントと言えます。

通常こういった逮捕劇があった場合、自身の処罰にかかる様々な費用を確保するためにユーザーから預かった資産を差し押さえてしまうケースが少なくありません。
しかしジパングカジノの系列決済サービスが行ったのはユーザーの保護、多くのユーザーから矢のように来る催促に対して、NetBanq(NetBanq、Z-Banq、VIP-Banq)は一つずつの案件に真摯に対応しました。

そして、サポートを行い、預かっていたすべての資産をユーザーに返還し、持ち逃げするという犯罪を犯さずに対応しているのです。
当たり前といえば、当たり前に感じますが、持ち逃げをして閉鎖をした違法オンラインカジノもある中、この業界としては非常にきちんとした対応であったのではないでしょうか。

こういった対応を行ったために現在のジパングカジノの信頼回復と自身の新しい独自決済手段であるペイトラの立ち上げも成功したといえます。
仮に万が一こういった違法なケースがジパングカジノに発生したとしてもユーザーの資産を守ってくれる企業であるという点に注目するというのも重要な見方です。

プレイスタイルによっては逮捕される

プレイスタイルによっては逮捕される
ジパングカジノのプレイ自体は違法ではないものの、プレイスタイルによっては違法とみなされます。
最たる例は、カジノカフェや違法カジノといった実店舗でジパングカジノを利用した場合です。

この場合は、ジパングカジノのプレイ後に実店舗で決済を行うため、完全に賭博行為として見なされてしまいます。
こういった背景から、ジパングカジノ自身のプレイではなく、実店舗でジパングカジノをプレイしないように注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。